Recently
Archive
Category
Link
Profile


7年目のはじまりと 9月のろうどく会

夏がきて、ななつきぐも、7年目のはじまり。

6月の朗読会がおわって

このまま続けていけるんだろうかと、とても不安になった。

8月へ向かうのがこわくなってしまった。

朗読というものにも、詩という表現にも

きらきらとまぶしいほど大きなあこがれがあって

だけどそこへ追いつけないはがゆさもあって

楽しいよりも、大変の方が大きくなってしまったのかな。

ななつきぐもがはじまったとき、

それは恋のようだと思っていました。

それから勝手に傷ついたり、

知らないうちに傷つけてしまったりもしたんだろう。たくさんたくさん。

過去をふりかえったり、なつかしいものを眺めたりしてしまう。

ときどき、あの夢のような戻らない時間のことを思ったりしていました。

どんどん前に進もうとする人を見て、ふりかえることやとどまることは

なんだかとても寂しいことのように思いました。

けれど、何年たっても変わらないそれは

恋よりもずっと深いものなのかもしれない。


ななつきぐもに新メンバー加わりました。

ふたりもたのしいけれど、3人はもっとたのしいだろう。

それにとても心づよいです。


ななつきぐも朗読会 2017 秋
9月3日(日) 15時スタート
食堂souffleにて 
参加費 500円(要1order) 

食堂souffle
〒604-8462 京都府京都市中京区西ノ京北円町63
電話 075-462-8738
http://souffle-shokudo.com/

*当日、食堂souffleは17時閉店となります。
 朗読がはじまる前に、飲食していただくこともできます。


2017.07.19(Wed) - ななつきぐも


2017 朗読会のお知らせ

振り返ると、昨年朗読したのは2回だけでした。
自分たちでつくった朗読の時間は、夏のたった一度だけ。
それで、わたしたちには十分だった気がしています。
夏につくった音源を聴いて
冬のある日、数年前一緒に朗読をした友人が感想を届けてくれました。

―ななつきぐもとの朗読は、朗読をするってことの
それ以上になにかを確かめられるような、そういう時間だった

きっといつでも、なにかを確かめていたのかもしれない。
あたり前に見えること、とりとめのないこと、
通り過ぎてしまいそうなこと、泣きたいような一瞬、
遠くなっても忘れられない記憶。

日々の暮らしを見つめて、自分なりの言葉でなぞる。
それを声に出して読むということを
もっと生活の一部のようにやってみたいと思いました。

だれかが聴きに来ても、たとえ来なくたっていいから
定期的にやるのもいいはず、ときっかけをつくってくれたのは
食堂souffleのさゆりちゃん。
これまでとは違って、1年間という少しだけ長い時間をかけて
書くことと、読むことを続けてやってみようと思います。
わたしたちにとってはひとつの実験です。
いくつもの季節のあと、なにか見えるものがあるのだろうか。

ごはんを食べるところ、暮らしに寄りそう場所で
これから二か月に一度、朗読会をはじめます。
日々の生活とひとつづきにあるような、
耳を傾けてくれた人もすっとまた自分の日常に戻れるような
さりげない時間がいいなと思っています。

ななつきぐも 朗読会
2月18日(土) 17時スタート
食堂souffleにて
参加費500円(要1order) 

食堂souffle
〒604-8462 京都府京都市中京区西ノ京北円町63
電話 075-462-8738
http://souffle-shokudo.com/


2017.01.29(Sun) - ななつきぐも



ななつきぐも 朗読会 and CD発表会
「空想が夏の部屋をうめていく」

この夏、ななつきぐもは6年目になります。
7月1日、新月の夜。
「名前をつけたらはじまるよ」と教えてもらったその日から
本当にはじまった。

少しずつ年を重ねて
それぞれの生活も環境もたくさんの変化があって
だけども、途切れることなく続いてきた日々。

自分たちの暮らしを見つめ、書いた文章を声にする。
朗読という、どこまでもシンプルで素朴な表現。

読みながら、何度も心がふるえたことを思い出します。
言葉がしんとした空間の中、
広がって、どこまでも広がっていく。
声を重ねる。
紙の上の言葉が、どんどん膨らんでいく。明るい色がつく。
想像をこえるような時間をいくつも見つけました。
夢のような、だけどとても確かなものをくれた日々でした。

途中、メンバーが抜けたときにはバンドみたいだと思いました。
やめる理由がよくある「方向性の違い」というものだったから。
大声でケンカをしたのは、いっぱい泣いたのは
家族みたいに思っていたから。
とても大事な存在だったから。

春の少し手前、
なにか新しいことをしてみたいね、と話していました。
大きくではなくても、変わりたい。
あたらしい風景を見てみたいなと思いました。

はじめての音源。
理想は、部屋の中、ただなんとなく流れている、
生活に溶けこんだラジオのような音かもしれません。
じっと聴いても、聴いていなくてもいいような。

ななつきぐも 高本恭子 西村ゆり



「空想が夏の部屋をうめていく」
2016.07.03 (sun) 15:00‐ @atelier Lai

参加費 ¥700(飲み物とお菓子付)
〈atelier Lai〉
ななつきぐもの衣装をたくさん縫ってくれた、nanalight平木奈々子ちゃんのアトリエ。
阪急川西能勢口 駅より徒歩15分になります。
詳しい住所はご参加の方へ直接連絡をさせていただきますので、
お手数ですがご希望の方はご一報をお願いします。
nanatsukigumoアットマークgmail.com

「空想が夏の部屋をうめていく」
CDについて
袋は、nanalight 平木奈々子ちゃんに、布を染め、縫ってもらいました。
音源に添えた紙には、イケダユーコちゃんに絵を描いてもらいました。
尊敬する、大切なふたりと一緒に作れたこと、うれしく思います。

IMG_1972.jpg


2016.06.15(Wed) - ななつきぐも


12月 海にでること




○ななつきぐも ろうどく会○
「海にでること」

2014.12.13 (土)
15時から花屋にちにて。
アールカフェゆみちゃんの珈琲と星雲おやつと一緒に。(参加費800円/定員10名。)
事前にご連絡いただければ幸いです。

ご予約はnanatsukigumo@gmail.com
または、花屋にち 0754328572までお願いします。



海にでること

大きな小さな 海にでること
静かに ひとり 海にでること

やみくもに泳いで
ときどき 広く見晴らしのよいところで ただ浮かんで

少し遠くから 眺められるように

海にでること
そうして、またどこか
知らない場所にたどり着けたら
素敵じゃないか


一年のおわりでもあり、
わたしたちふたりにとってまたひとつ年を重ねる12月は、めまぐるしく過ぎてゆく中でとても大事なひと月。

今回はアールカフェゆみちゃんに珈琲を淹れてもらい、わたしたちにとって馴染みある花屋にちで。りんご箱を並べて、お店を一時間ほど閉めて行うろうどく会。走り去る12月の合間に、また誰かの日常にすっと戻れるような、そんな時間になれたらと思っています。

12月はあともうひとつ、21日に大阪中之島で朗読をします。またお知らせをさせていただきます。



2014.12.01(Mon) - ななつきぐも



春が近い


2014.03.28(Fri) - ななつきぐも


水よう日のろうどく会

もうすぐ28歳がおわる。
いつからかずっと憧れだった28歳。

だいすきなあのこやあの人たちに出会ったとき、
彼や彼女たちはみんな28歳だった。


11月27日水よう夜に、ゆりちゃんとふたりで朗読会をします。12月にふたり揃って29歳になるわたしたち。28歳の間に何かしよう、と思いついたのは年のはじまり。お店にあるおっきな黒板を使ってささやかな展示とろうどく会をします。

だれかの冬支度のひとつになればいいな。

よければ遊びにきてください○


ななつきぐも朗読会
11/27(水) BENCH&MUGにて(京都北野天満宮すぐ)
19:30open 20:00start 1000円
(1ドリンク+ケーキor サンドイッチ付き)

ぎりぎりのお知らせとなりましたが、朗読会にご参加予定の方はご連絡いただけると助かります○




2013.11.25(Mon) - ななつきぐも


2013.11.27

ろうどく会 19:30より BENCH&MUGにて→


2013.11.22(Fri) - ななつきぐも


9/16 ななつきぐも、びすこ文庫さんで朗読

秋の始まりは、海、山、本、朗読の、神戸へ!
http://www.biscobunco.com


2013.08.08(Thu) - ななつきぐも


ふりかえる

2011.12.17  朗読会「ちょうどカヌーに隠された秘密のように」tentotengallery
2012.02.25  朗読会「花壇の横のやわらかい道が照らされて」cafe なかちよ
2012.06.03  左京ワンダーランド2012closing party 下鴨神社
2012.07.08  ONSA WORK SHOP 講師 「コトバの鈴を鳴らしてみよう」 iTohen
2012.08.18  朗読会「真夏の夜の鹿ヶ谷BLDG.」 鹿ヶ谷BLDG
2012.09.01  渡辺ゆり個展 ゲストななつきぐも ソーイングギャラリー
2012.12.09  朗読会「ものを創れば宇宙に願いが記憶される」 長屋の傍房
2012.12.22 「灯りとスープと言葉と音楽と」ななつきぐも:言葉担当 萌木星
2012.01.27  文月悠光とchori「朗読ツアー」ななつきぐもopening act 叡山電車


2013.02.26(Tue) - ななつきぐも



冷えますね、冬はつづきます
ななつきぐもは現在、Leisurely
つまり、ゆったりしてます


2013.02.26(Tue) - ななつきぐも





/