FC2ブログ
Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告



「これまでの風景 あたらしい風景」

ゆっくりとここへ向かってきた、数か月。

おわってみると、もう私たちの夏がおわったような気持ちさえした。

何を書こうか、どう読もうか、あんなにも悩んでいたのに

気づいたら、もう中華料理の円卓の夜のことしか覚えていないような。

コバトさんが一緒に読みたいと言ってくれて、本番の前に少しだけ練習をした。

一年ぶりに、三人で読む。

コバトさんが一人で読んで、わたしときょうちゃんが息を合わせて

それから三人で声をそろえる。

なつかしい響きの中で、たまらず胸がぎゅーっとなった。

夏はわたしにとって、特別だ。

だって、ななつきぐもがはじまった季節。この4年、いろんなことがあったんだもの。

どんどん形は変わってゆくけれど、やっぱり進化でありたいと思う。

きょうちゃんと二人でここを目指してきて

アンコールのあと、結局三人でありがとうございました、と頭を下げだりしていて

なんじゃそりゃ、とも思うけれど、もう呆れるくらい、ななつきぐもは可笑しい。

思い出すだけでも、一人笑ってしまうよ。

夏に恋する。

あたらしい夏がやってくるたびに。

スポンサーサイト

2015.07.15(Wed) - Yuri Nishimura


これまでの風景、あたらしい風景

夏のはじまり、久しぶりに二人でろうどく会をひらくことにしました。

場所はhitoto。

どんな場所で読もうかと二人でさんざん考えたけれど、

結局は大岡さん、という人がつくる場所にひかれた気がします。

ここなら、なにか安心して読めるように思えたのです。


読むものは相変わらずに、わたしたちの、ただただささやかな日常のこと。

大きなものたちに流されてゆかぬように、

立ち止まることも、ぐいと踏ん張ることもできるように

自分なりのまなざしを持っていたいと思います。

そのために、あやふやなものたちの輪郭をなぞりながら

こうありたいとか、こうしていきたいとか、

大げさではないだろう、ささやかな希望だってこめて。

まだ広がっていない、あたらしいい風景のことを想像しようと思います。

ななつきぐもろうどく会「これまでの風景、あたらしい風景」
7月12日(日曜日) hitoto(大阪)にて
17時00オープン/17時30分スタート 参加費 1,300円(ドリンク付)
〇ご予約はhitotoまでおねがいします

530-0041 大阪府北区天神橋5-7-12 天五共栄ビル301
http://hitoto.info/



2015.06.04(Thu) - Yuri Nishimura


ちゃんと自分で温めよう

まずは、温めよう

身体も気持ちも台所も
ちゃんと自分で温めよう

    *
いちばん胸にのこっているのは
きょうちゃんの、スープを作った朝の日記

花屋にちでのろうどく会
「海にでること」は
こじんまりと、ささやかで
わたしたちらしい時間になりました

はじまる前、ひと足早く
ゆみちゃんがわたしたちにも珈琲を淹れてくれた
あわただしい気持ちをじっくりと、
落ち着けてくれました

お店いっぱいにただよう
深くて、おおらかな、珈琲のにおい
あぁ、ゆみちゃんが今日ここにいてくれて
ほんとうによかったなと思いました


春の旅の日記をよめば、
東北の町、出会った人たちの顔が
目の前に立ちあらわれる

会いたいものに
なつかしいものに
そうして、出会うこともできるのだと
読みながら、改めて気づく

きょうちゃんが日記を読むのを聞いて
そうそう、ってうなずきながら
自分にもちゃんと染み込ませる
だって、好きなんだもの
この人の書くものが、わたしは

ななつきぐもをやりながら
どんなふうに聴こえるのかな、
向こう側で、聴いてみたいな、とか
思っていました


おかしくも楽しい12月もあと半分
`life is comedy`

来週はななこちゃんのサルデーニャ報告展
クロージングパーティーに参加します
    *
べっら・さるでーにゃ 展 クロージングパーティ

「そうして、糸は続く」
~サルデーニャのお話と朗読と歌の会~

日時 : 12月21日 (日) 16時~19時
定員 : 15名 (☆要予約)
会費 : 1,500円 (サルデーニャの楽譜パンと1 drink付き)

会場 : arts plus nymphs [ 大阪・中之島 ]

〒530-0005
大阪市北区中之島4-1-17 瑛長ビル3F
○ご予約・お問合せ は、
< ciao@nanalight.com > ひらき 迄


2014.12.14(Sun) - Yuri Nishimura


夏のソーイングギャラリーへ

ひやわまさんでの朗読会から
もう少しでひと月。

2011年7月からはじまった、ななつきぐも。
たかが3年だけど。
みんなで3年続けてこれたことがうれしかった。

そして、わたしたちをずっと見守ってくれていた
ひろこちゃんのお店で
夏のはじまりに朗読できたことが
とてもうれしかったです。


それぞれの暮らし、やっていきたい表現、活動の仕方も
当たり前に、ゆっくりと変化してきました。

ななつきぐもはこの夏から
きょうちゃんとわたし、ふたりで続けてゆこうと思います。

コバトさんは、ぐんぐん自分の可能性を見つめて
新しいことに挑戦しながら表現を続けていきます。
のびのび自由に、飛んでいるように。

ななつきぐもが始まってから
何度も何度も
想像をこえる、すばらしい景色に出会いました。
夢のようでした。

左にきょうちゃん、右にコバトさん、まん中にわたしがいて。

ろうどくをしながら心がふるえていました。
自分のことも、自分の隣にいるふたりのことも
とても愛おしくて、泣きそうになる。

詩を書くことが好きで、ろうどくが好きだ。

くだらないことを言い合って、けらけら笑いながら
どこまでも、まっすぐに。
本気で。
自分の大好きなことを
一緒にやってくれる仲間がいることは
ほんとうに心づよいことだと思います。
たくさん救われてきました。

ななつきぐもは変化して、進化していくのだと思います。
みんな、次に進んでゆく。

これまでの日々も素敵だったし、
これからの日々もきっと素敵だろうと思います。


*****************
星ヶ丘のソーイングギャラリーで行われる
西淑ちゃんの個展のイベントで
ななつきぐもも参加させてもらうことになりました。

大好きな場所です。
やっぱり、なんだか夢みたいです。
わたしたちらしく、そのまんまで、がんばろうと思います。


はらっぱのりんかくせん
西淑 絵と工作展
2014.7.23(水)ー8.3(日)
7.28/29お休み
12:00-18:00 最終日17時まで

7.27(日)17:00~
「はらっぱの食卓とななつきぐもの朗読会」
鳥取の「食堂カルン」と東京の「アグネスパーラー」がやってきます。
アジアごはんと季節ののみものと一緒に「ななつきぐも」の朗読会、
ゆうぐれどきのはらっぱでおたのしみいただけます。
1500円(要予約)
予約090-4481-8918/ 
info(☆)nishishuku.net ☆→@にしてください。
お食事の数に限りがありますので、お早めのご予約をおすすめします。

ソーイングギャラリー
〒573-0013 大阪府枚方市星丘2-11-18 星ヶ丘学園内
Tel:072-840-2476 
http://sewing-g.com/









2014.07.21(Mon) - Yuri Nishimura


旅のきおく展 「4月のはなし」

ななつきぐも旅のきおく展 
「4月のはなし」はじまりました。

4月5日から13日までの9日間。
仙台で朗読をし、盛岡、花巻、福島をめぐり、
東京で朗読をした、きょうちゃんとふたりの旅の記録です。

リュックサックとトートバッグ、それからギターをかついで。
電車に乗って、バスに乗って、歩いて、時には自転車で、
東北の町に会いに行きました。

仙台と東京では、朗読会もひらかせてもらいました。
はじめまして、のわたしたちをようこそって
笑顔で迎えてくれた人たちがたくさんいました。

自分があたり前に小さいということを知り、
でも、なんだってできるのだと思えた旅でした。

一つひとつのできごとを言葉でなぞると
あの子のことも、あの人のことも、
もう会うことのないかもしれないおじちゃんやおばちゃんも、
見守るような山も、とうとうと流れる川も、
何色とも呼べないような空も、大きな小さな町も
みんなみんな、たまらなくいとおしかったです。


旅のきおく展 
5月9日―31日
花屋にち(京都市上京区藤木町787番地1)9時―18時 日曜お休み
◎5月11日は営業 ◎5月17日はイベントのため16時半まで


きおく




2014.05.11(Sun) - Yuri Nishimura


あたらしい年に

オリオン座のひとつが 
飛行機だった
静かにゆっくり移動していくのだ
僕らのように


コバトさんの詩みたく
あたらしい年も
ななつきぐもはゆっくり
移動していくのだとおもう

すすむのでなく
かわるのでなく
わたしたちは
移動していくのだとおもう


いくつか、ろうどくかいもします

はじめて、ななつきぐもの詩集もつくりました

春はコバトさんの詩集もでます
わたしも詩集こっそりできています

おんなのこたちは旅にもでるとおもう


わたしはやっぱりことばが好きで
ろうどくが好きだ


びすこ文庫さんでの展示やろうどくは
今まででいちばんに自然だった
どこまでもじぶんに近いかたちだったと思います

いろいろな方に足を運んでいただけたこと
うれしく思います
本当にどうもありがとうございました


2014.01.29(Wed) - Yuri Nishimura


びすこさんろうどく会

12月からはじまった、びすこ文庫さんでの展示。
うれしいことに1月末までの延長が決まり、
店内でろうどく会をひらくことになりました。

今回は、きょうちゃんとわたしのふたりで。
コバトさんは温存です。

ななつきぐも冬の朝の朗読会
「それからまた、続きをはじめる」

1月11日 朝11時から1時間ほど
参加費800円(おやつとお茶つき)


冬の朝に、日の光や本のにおいに包まれて
朗読に耳をかたむける時間があって
それからまた、それぞれが日常を続けてゆけますように

そんな気持ちをこめました。


お時間があればあそびにきてください。
ご予約はびすこ文庫さんまでおねがいします。
http://biscobunco.blogspot.jp/2013/12/111-1100am.html



2013.12.27(Fri) - Yuri Nishimura


西村ゆり ことばのてんじ

びすこさん展示のお知らせ

「そして変わらず 家族はつづいて ゆくものだ」
神戸・岡本にある古本屋「びすこ文庫」さんにて
12月1日(日)から24日(火)まで


いろいろの変化があるようで
だけど、結局は
何も変わっていないということ

自分のこと、まわりのこと、日々のくらしを
見つめました

相変わらずにつづいてゆくものを
いつも当たり前に
ただ愛していられますように


びすこ文庫さん
◎13時〜19時まで 
◎水と木、お休み
◎阪急岡本駅北改札口の前にある「FARM HOUSE CAFE」2階にあります。
びすこ文庫


2013.12.02(Mon) - Yuri Nishimura


秋休みの午後 ぼくらは花を摘みに

「喫茶サンレイクとななつきぐもの家」


秋休みの午後
ぼくらは 花を摘みながら
湖畔にある喫茶店をめざしていた


10.14(祝)
大阪池田のギャラリー家ieさんにて開催されている
西淑ちゃんの個展「いろのこども」のなかで
喫茶サンレイクさんによる一日喫茶とともに、
ななつきぐも+西淑ちゃんの、ろうどくと切り絵の会をひらくことになりました。

〇喫茶サンレイク(miepump+二月四日可否+西淑による喫茶チーム)
12時-18時

〇ななつきぐも+西淑
ろうどくと切り絵の会
昼の部/13時30~
夕方の部/16時~

ななつきぐもの朗読から、西淑ちゃんが切り絵のその場制作を行ってくれるそうです。
それぞれ1時間ほど。投げ銭制。ご予約なしで参加いただけます。


家ieさん
http://muku-muku.jugem.jp/
西淑ちゃん
http://nishishuku.net/

この1年はほんとうに不思議
ななつきぐもは
まるで雲みたく
風にのって流れてきたみたい

こっちに行きたいとかはなく
あっちを目指すとかもなく

ふたりになったり
ひとりになったり
形も変えてやってきた

あこがれはないし
お手本もない

3人いるとそれぞれに思うこともあって
ふくざつに考えてしまうこともある

けれども
やっぱり人と一緒になにかをするのは
面白いと思っている

想像もしない世界がどんと目の前に広がったりする

練習でも本番でも
泣きそうなくらい感動することだってある

ひとりじゃできないことを
やらせてもらっているんだろうなぁ

一度きりのものたちだから
今度もまたことばのひとつひとつを
大切によもうと思います


淑ちゃんの絵の空気を
たっぷりと吸い込みながら


2013.10.03(Thu) - Yuri Nishimura


ななつきぐも、びゅんっと名古屋へ

展示と朗読会のお知らせ

名古屋の今池にある「gallery +café CHIMERA」さんにて

渡辺ゆり ことばのてんじ
「そうゆうことばかりが、ほんとうの気がする」
7月3日(水)-7月28(日)
ななつきぐも朗読会
7月27日(土)16時から 参加費700円(お茶つき)
tumblr_modq07uyPO1s7nv5yo1_1280.jpg

CHIMERAさんの店主、大島さやかちゃんとは
昨年の夏に出会いました。
落ち着いて、静かに話す、その声のトーンが印象に残る人。
私と歳も違わないけれど、どんどん自分の世界を広げている。
見えない芯のところに、ものすごいエネルギーを
持っているのだろうなと。

昨年の夏、星ヶ丘にあるsewing galleryの展示で
さやかちゃんに撮影してもらった写真。
初めて見せてもらったとき、びっくりしました。
あぁ、こんな風に一瞬一瞬を捉える人がいるのだ、と。

あたたかくて、切なくて、はかなくて、
なんだかいろいろの気持ちが混ざり合っている。

そんな、さやかちゃんのお店で、ことばを並べさせてもらいます。
27日は、高本恭子、小鳩ケンタ、わたしの3人で
はりきって元気に朗読もします。

新しい自分や、だれかや、
見たことのない景色に出会えますように。

gallery +café CHIMERA
11:30-20:30(火休み)
http://gallerychimera.tumblr.com/post/52939181312/7


2013.06.27(Thu) - Yuri Nishimura





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。