Recently
Archive
Category
Link
Profile


9月16日のこと

神戸の朗読会が終わり、あっという間の1週間。
もう随分と遠くの出来事のようにも感じます。

不思議だなぁと思うことが過去にも今にもあって
そんな小さな小さな偶然みたいな点と点が緩やかに手をつなぎ
毎日が少しずつ続いていっているのかもしれません。

神戸での朗読会。
前夜の台風で交通の乱れがあるにも関わらず
たくさんの人にお集まりいただき、本当にありがとうございました。

当日、練習場所がなくて困っているとオープン前のびすこ文庫のスペースを快く貸してくれたびすこさん
小さなスペースだけど、天井が高く白い壁に窓の外を走る電車の音、心地いい時間が流れえる空間で
とても気持ちよく練習することができました。空っぽの本棚にはどんな本が並んでゆくのだろう。
これからはじまるびすこ文庫がより一層楽しみになりました。

それからFarm housu cafe をひとり切り盛りする恭子さん、
同じ漢字同じなまえということで勝手に親近感を持っていたのですが
わたしたちが外から戻ると「おかえり」とニコリ出迎えてくれたことにすごく安心した気持ちを今でも覚えています。
それでも人前に立つことに慣れないわたしは相変わらず漫画みたいにガタガタ手が震えましたが、
少しずつ少しずつその場に馴染んでいくにつれ、普段ほとんどしゃべらないわたしもゆりちゃんもMCで思わずしゃべりすぎちゃうほど、とても楽しく朗読することができました。
そんな空気みたいなものが見ている人に伝わっていたらいいな、と思います。

今回は、古本市のイベントということもあり、
またこれからオープンするびすこ文庫さんにお誘いいただいたということもあって、
はじめて読書日記のようなものを3人で書いて読みました。
テーマに沿って書くことが人一倍苦手な私は、当日までまさに四苦八苦状態でしたが
終わったあとにわたしが紹介した一冊「Fantastic Something」を買ってみますと言ってくださった方がいて
こんな風にして誰かのきっかけにわたしもなれるのかな、と思うと本当にうれしかったです。

ななつきぐものことをまったく知らない方も何人かお越しくださったり、新しい試みをしてみたり
誰かと一緒にやることは、時にもちろん大変なこともあるけれど、
自分たちだけじゃ生まれなかった広がりがあって、やっぱり大事にしたいなと思いました。

最後になりましたがびすこさん、わたしたちのことを何も知らないのに
こんな素敵な機会を作ってくれて本当にありがとうございました。
びすこ文庫のブログにもうれしい文章ありがとう。


写真は朗読会にて
なぜか3人とも口がイチモンジ!


image_20130924213732ead.jpg



さて、次は川西にある家ieさんで
西淑ちゃんの個展「いろのこども」にて、
西淑その場制作+ななつきぐも朗読会をさせていただくことになりました。
10月14日(祝)喫茶サンレイクとともに、楽しい一日になりますように〇
詳細はまた後日お知らせします。


2013.09.23(Mon) - Kyoko Takamoto





/