FC2ブログ
Recently
Archive
Category
Link
Profile


音と匂いと光と


朗読をしていると、その合間に
後ろからはさみで絵を切り取ってゆく音が聞こえた。

ギターの音色
珈琲の匂い
パンが焼ける音
子供たちの声
その人だけのリズム

「ものを創れば、宇宙に願いが記憶される」

小鳩さんの詩の一部からとった、
いつかの朗読会のタイトルを思い出した。

いろいろあったりなかったりして、
相変わらず当日までばたばたしたり
そわそわしていた。

でも、朗読をはじめたらなんとなく落ち着いていく感覚があって、
それは淑ちゃん の絵があるという空気や
カウンター越しで食べ物が作られる温度や
家ieさんの光の入り方、
そして小鳩さんゆりちゃんと今日も並んで座っていること
そうゆう当たり前のようで不思議なことが、
うまくわたしの中で混ざり合ったのかもそれない。
そして、朗読をするということが、うまくなったとかではなくて、なんとなく自分の一部になっていくような感覚がしたのでした。

明るかった窓の外が、すっかりと暗くなるのはあっという間で、
終わったのだなぁと実感したのは次の日のお昼くらいだった。

さりげなく差し伸べられた手や言葉に、そのひとが出るのだなぁということを色んなひとたちからたくさんたくさん感じた日。
そのひとつひとつの優しさに、わたしはどうやって感謝を伝えたらいいのだろう、と帰りの電車で考えたけど、あまりうまい答えは見つからない。

多くのことを一気にすることがあまり得意じゃないから、ゆっくりとでもできるだけ確かにありがとう、て気持ちを繋いでゆきたいと思いました。

お休みの中来てくださった皆様、
さりげない心配りが素敵すぎる家さん
そして個人的にもだいすきなサンレイクの3人と、忙しい中、本をつくってくれたりお揃いのお花を用意してくれたりイベントを考えて誘ってくれた淑ちゃん。
ほんとうに、ありがとうございました。夢みたいに、でもほんとうに幸せな時間だったと、日が経つにつれて実感をしています。




次のななつきぐもは
11.24 小鳩さんひとりの朗読会が南森町にあるギャラリーhitotoにて。
11.27 渡辺ゆり+高本恭子のふたりで、京都の北野天満宮近くにあるカフェ ベンチ&マグにて、朗読会と小さな言葉の展示を開催の予定です。

また詳しく決まりましたら、こちらでもお知らせを致しますので、どうぞよろしくお願いします。








2013.10.17(Thu) - NEWS





/